スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ
 タグ
None

坂本昌行と大塚千弘の熱愛

坂本昌行大塚千弘の熱愛が話題になっている。別に40歳の男に熱愛があってもおかしくはないのだが、坂本昌行大塚千弘は今春上演されたミュージカル『ゾロ ザ・ミュージカル』で、互いに恋心を抱く幼なじみ役で共演したことがきっかけのため、注目されている。

スポンサードリンク↓
坂本昌行大塚千弘の交際のはじまりは、今年1~3月に上演された『ゾロ ザ・ミュージカル』。坂本昌行は独裁者の圧政に苦しむ民衆のために立ち上がった黒マスクと黒マント姿の主人公を熱演。ジャニーズタレントでありながらオーディションから参加してその座を射止めた。

坂本昌行といえば、中澤裕子との関係が長く囁かれ続けた。

坂本昌行も中澤裕子も、いつ結婚してもおかしくない交際期間と年齢だったが、昨年7月、坂本昌行が改めて特別な関係であることを否定。その後破局が女性誌に報じられ、今年に入って中澤裕子に熱愛報道が出た。

あれだけ長い間付き合いをしても結婚しなかったということは、坂本昌行が言っていた通り、「お友達」以上のものではなかったのかもしれない。

その坂本昌行が、いままさに確立しつつあるポジションがミュージカルの舞台。一昨年は7月に東京グローブ座で『アリバイのない天使』、10月には東京・青山劇場で『Pal Joey』の主演舞台を務めた。今か一番大事なときだ。

20th Centuryのコンサートも集客も落ちてきているアラフォーの坂本昌行には、結婚以外でも考えなければならないことがある。タレントとしては「ひと山ナンボ」クラスの中澤とのことよりも、芸能界における自分のポジジョンをはやく確立しなければならない立場だ。

がんばれ、坂本昌行!


『完全保存版 ジャニーズの歴史 光も影も45年』
ジャニーズ研究会=編著
B6判/208ページ/カバー装
定価1200円(本体1143円+税)


わが国芸能界に跳梁する怪物=ジャニーズ…
それは1960年代初め、草野球チームから始まった!
黎明期から現在までの歴史を、光の部分も影の部分も、
これまでになく詳細に記述し、怪物の正体を解剖する!
第一級の日本芸能史研究書

【同書の目次】
第1章 黎明期(1962年~1968年)
第2章 試行錯誤(1969年~1974年)
第3章 試練(1975年~1979年)
第4章 起死回生(1980年~1992年)
第5章 発展期(1993年~1999年)
第6章 近代化(2000年~2008年)

詳細クリック>>
関連記事
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 芸能事件簿・今日は何の日!? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。