スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ
 タグ
None

立川談志、遺産にまつわる真相は……?

立川談志が亡くなった。柳家小ゑんと名乗ってS&B「モナカカレー」のCMに出演していた落語界のプリンスも、もう75歳になっていた。

スポンサードリンク↓
もちろんネットでは話題になっている。立川談志の生前の様々なエピソードや落語家、タレント、そして人間としての評価。

落語家・立川談志は平成9年に食道がんを告白し、2年前には声門がん(喉頭がんの一種)を克服したと公表したが、昨年11月に喉頭がんが再発。しかし、声を失わないためにがんを摘出しなかった。

がんでもむずかしい食道がんを克服しただけに、惜しいなくなり方という気もする。

そんな立川談志について、遺産の話も出ている。「遺産はいくら?」と書いているのは『日刊ゲンダイ』(11月26日付)だ。

立川談志、遺産はいくら?

演芸関係者はこういう。

『師匠は基本的にものすごくケチ。ぜいたくは一切しない。食事も自宅で食べることが多かった。食べ残しが大嫌いで、冷蔵庫で食材が傷んでいても絶対に捨てず、“捨てるくらいなら、食べて腹を壊した方がまし”というほど徹底していました。例えば『笑点』の前司会者で、09年に76歳で亡くなった5代目三遊亭円楽師匠の遺産は総額7億円近くあったと漏れ伝わってきましたが、円楽で7億なら、談志はそれ以上。10億円なんて声まであります』(中略)

『根津のマンションには同じマンション内に3部屋を所有。他にも新宿と銀座にもマンションを1部屋持っていました。銀座のマンションは1億円の億シヨンでしたが、即金で購入したそうです』(演芸関係者=前出)」

同紙では、「談志の遺産は推定でもやはりl0億円は下らないか」と結んでいる。

さて、立川談志の遺産は本当のところ、どうなのだろうか。


立川談志 古典落語特選 DVD-BOX

立川談志 古典落語特選 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

関連記事
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ
 タグ

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 芸能事件簿・今日は何の日!? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。