吉永小百合、今、男性遍歴が明らかに……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ
 タグ
None

吉永小百合、今、男性遍歴が明らかに……

吉永小百合の男性遍歴を書いたという本が話題になっている。中平まみ著の『小百合ちゃん』(講談社)だ。上梓は9月だが、今週の『アサヒ芸能』に取り上げられ、話題騒然としているのだ。

スポンサードリンク↓
中平まみは、吉永小百合主演の『泥だらけの純情』(63年・日活)や『光る海』(同)などを撮った中平康氏。中平まみ自身も吉永小百合のファンクラブに入っていた。

同書で注目されている俳優の実名は、中尾彬、渡哲也、石坂浩二など。それ以外にも岡田裕介、清原和博、東山紀之、本城和彦などの名前が取りざたされている。

たとえば、石坂浩二ののくだりはこんなふうに……

そもそも、吉永は恋に強く焦がれるタイプ。69年に上梓した「こころの日記」(10代後半につづった日記集)の中では、「私を強く抱きしめてくれる人が-その胸の中で思いきり泣かせてくれる人がほしい」「私の手紙 あの人の胸にとどいたかしら」などと吐露しているのだ。

 石坂浩二(70)も彼女が恋焦がれた一人。当時、石坂は加賀まりことの交際が盛んに報じられており、そこに吉永が「参戦」して‥‥。だが、前出のジャーナリストは、吉永から次のように打ち明けられたという。

「凄く好きだったけど、恋愛にもならなかった。妹みたいに思われて、相手にしてくれなかった。女として見てくれなかったんです」

 多情で多感な私生活。清純派とは裏腹の顔を見せていた吉永には、実は所属する日活の上層部から、「恋愛禁止令」が出されていたという。

<元日活常務の江守清樹郎もこう回想している。

《ボクは十六歳の彼女をひきうけた時、彼女にク二十一歳までは結婚するな。男を知ってもいかん″といったものです。彼女も〝わかっています〟と答えましたね。二十一歳に彼女がなったとき、こんどはク二十六歳まではダメだよ〟というと、彼女はこれにも〝はい〟と答えてくれた》>

 だが、実際は守っていなかったことに‥‥。
「奥様方には叱られるかもしれませんが、家庭も仕事もすっぱり捨てて、この人と思った人と一緒に暮らそうとする。ある意味で男の人にとって理想だと思います」

吉永小百合が『時雨の記』(98年、東映)のインタビューにおけるコメントである。

60歳過ぎた女性の遍歴など今更、という見方もあるが、吉永小百合といえば、映画とテレビをまたにかけて活躍した戦後芸能史に欠かせない女優であり、その遍歴は昭和の芸能史を紐解くよすがとなるだろう。


小百合ちゃん

小百合ちゃん

  • 作者: 中平 まみ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/09/23
  • メディア: 単行本

関連記事
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 芸能事件簿・今日は何の日!? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。