松田聖子が「ゴーマンかましてよかですか?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ
 タグ
None

松田聖子が「ゴーマンかましてよかですか?」

松田聖子といえば、80年代にアイドルとして一世を風靡。90年代はスキャンダルで話題を提供し続け、21世紀に入ってからはその「貯金」がモノをいい、現在もディナーショーで稼ぎまくっているという。

歌番組も衰退し、そもそもアイドルという年齢でなく、芝居の道にも進まなかった松田聖子の生き方としては、まさに、それしかない、という“正解の人生”を存分に謳歌している感がある。

その松田聖子が、今また芸能マスコミで脚光を浴びている。
スポンサードリンク↓
というのは、『紅白歌合戦』に久々に出場。それも、娘の神田沙也加の抱き合わせ出演までごり押ししてということで、話題になっているのだ。『東京スポーツ』(12月21日)には、それだけでは済まずに、なんと大トリまで要求しているというから凄い。
「今年の紅白は、東日本大震災からの復興がテーマ。千昌夫の『北国の春』などトリにふさわしい曲はたくさんある。聖子がトリを努める意味合いが見つからない」(NHK関係者)

 聖子の専横ぶりはこれだけで丁はなく、先頃リリースした「特別な恋人」を紅白で歌うと言って譲らないのだとか。「NHKは往年のヒット曲をとオファーして、いる。ただ出演実現までには、聖子に何度も頭を下げた経緯がある。何のヒット曲もない沙也加の出場をNHKか認めたことで聖子は完全に勘違いしてしまったらしい」(事情通)

 さらに漏れ伝わってきたのが楽屋をめぐる一件。なんと聖子は個室をリクエストしているという。
「紅白の楽屋は出場回数によって振り分けられる。NHKホールに隣接した個室は司会者と大物常連組に占拠され、他の出場者はNHKホール玄関前に設置された大部屋が控室になる。聖子はカーテンで仕切られただけの部屋が気に入らないらしい」(事情通)
松田聖子自身、確かにそうした希望はあるのだろう。ただ、もしそれが通らなかったとしても、そのゴーマンぶりを芸能マスコミは書いてくれる。だめもとでどう転んでも美味しい、と松田聖子は考えているのではないだろうか。

いやはや、松田聖子には脱帽である。


関連記事
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ
 タグ

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 芸能事件簿・今日は何の日!? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。