豊川誕が語った“ジャニー喜多川の真実”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ
 タグ
None

豊川誕が語った“ジャニー喜多川の真実”

豊川誕といえば、かつてはジャニーズ事務所の屋台骨を支えた事務所の有力タレント。郷ひろみが抜けてフォーリーブスも解散し、大きな柱を失ったジャニーズ事務所で、孤児という不幸を売り物にして70年代の一時期活躍したアイドル歌手だ。

たのきんトリオ台頭までの間、事務所では稼ぎ頭として頑張った時期もあるが、仕事に不満をもって事務所を脱退後、覚せい剤等様々な犯罪で4度逮捕されて芸能界から名前が消えた。

スポンサードリンク↓
そんな彼が、出所後は芸能プロダクション「イーミュージック」の企画・制作本部長を務めながら、神愛情なる芸名で歌手としても復活。酒井法子が覚せい剤で逮捕されたときは、「元祖覚せい剤タレント」としてメディアに登場。自殺未遂した過去など“シャブ絶ち”の難しさを告白して話題になった。

そして、今年に入って演歌歌謡曲『愛は咲き頃』(ニューセンチュリーレコード)で、演歌歌手として28年ぶりにCDをリリース。さらに、今年の秋からは夕刊紙『日刊ゲンダイ』に連載まで持つようになった。

逮捕された人の芸能界復帰についてはいろいろ意見があるかもしれないが、一人の生き方として、カムバックしてやるというその意志の強さについては見習うべきかも知れない。

さて、その連載だが、タイトルは「ホントはこ~なってる 芸能界SEX事情」。彼がアイドル歌手として全盛の頃、誰と関係したかという回想録である。

それだけなら、「いまさら」と思うかもしれないが、そこはジャニーズタレント。現在も同事務所で熱愛・結婚については厳しいが当時はどうだったのだろう、という興味がわいてくる。そこで本文を引用しよう。
「でも、すぐにジャニー喜多川社長にバレてしまいました。

『ユー、顔が変わったね。鏡、見なさい。女を知ると、女を求めるギラギラした欲望が表情から消えちゃうの。それじゃあ、女の子にアピールできないでしょ』

男性アイドル発掘と育成の手腕では誰にも負けないジャニーさんならではの観察力と感性に脱帽です。

でも、どんなに怒られてもAチャンとは別れませんでした。当時のジャニーズ事務所は、1番人気の郷ひろみさんがバーニングヘ移籍してしまい、ボクの他に売れてるアイドルが不在だった時期。だから無理を押し通せたのです。反抗期とはいえ、世間知らずのガキでした。今そんなことしたらアツという間に事務所どころか、芸能界から追放ですよ」(10月24日付)

この記述はふたつの見所がある。ひとつは、ジャニーズ事務所は当時も熱愛に対しては厳しかったということ。もうひとつは、なぜ厳しいのかという理由が書かれていることだ。

ともすれば、ジャニーズ事務所が所属タレントの熱愛に厳しいのは古典的なタレント管理にあると思われてきた。要するに、決まった相手がいるアイドルでは、独占欲という意味で異性の憧れにはなりにくいだろうと。たしかにそれもあるのかもしれないが、少なくとも御大の着眼点は逆のところにあった。つまり、ファンの側からの評価ではなく、タレント側に異性を求める雰囲気がなくなってしまったらまずい、ということなのだ。

ハングリー精神というのは「お金」だけではないわけだ。豊川ではないが、なるほどなあ、と唸ってしまう着眼点である。
多くのジュニアから、絶妙な組み合わせによる人選でアイドルを作り上げてきた御大。その判断のひとつがそ
こにあったということだ。

ゴールデン☆ベスト 豊川誕

ゴールデン☆ベスト 豊川誕

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD

関連記事
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 芸能事件簿・今日は何の日!? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。