亀梨和也が実写版『妖怪人間ベム』主演の抱負を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ
 タグ
None

亀梨和也が実写版『妖怪人間ベム』主演の抱負を語る

亀梨和也が実写版『妖怪人間ベム』に主演することを発表した。

『妖怪人間ベム』は、68年にフジテレビ系で放送された人気アニメ。ベム、ベラ、ベロの妖怪人間3人が「はやく人間になりたい」と願いながら悪の妖怪と戦うストーリーである。

スポンサードリンク↓
今回の枠は日本テレビ土曜21時。日本テレビでは、「大きな悲しみや苦しみを背負いながらもタフに生きる。そんな優しさと強さを体現してほしい」と期待している。

亀梨和也は、9月2日に放送された『亀梨和也KスバイKス』(ニッポン放送)で、次のように抱負を語っている。

「メールなどで、『うわー、懐かしい、ベム!』という方から、『初めて聞いた』という方まで、本当に幅広くいろいろな声が届いているんですが、共演はですね、杏さん、鈴木福君、北村一輝さん。

ベムですよ。妖怪役ですよ。これからどういうふうに役を作っていくかプロデューさーさん、監督さんとともにお話していくんですが、漫画のほうだと、ベムの実年齢はもっと設定が上で、体格ががっしりしてて、漫画の人間の姿もさ、アニメだから人間ばなれしてるじゃないですか。(ドラマは)どっちかっていったらもっと人間に寄せるのかなって話はチラホラあって。

でも僕、舞台が、明日からですか。(帝国劇場で)「ドリームボーイズ」をやりながら、役作り等々始まっていくので(大変です)。打ち合わせや、型をとったりしなくちゃならないんですよ。妖怪になったときの……。あれ、好きじゃないんだよね。目を閉じて、鼻だけ息しかできない、石膏取ったりするんですよ。

まあ、妖怪人間ベムのほうも、あと一ヵ月後に迫ってきてますし、楽しみにしていただけたらうれしいなあと。原作ものなんで、ほんとうにいろいろな声が届くと思うんですけど、しっすりそれは受け止めつつ、楽しめたらいいなと思っています」

亀梨和也の活躍に詳しい図書
Jマニア124
『Jマニア124』
詳しくはコチラ>>
関連記事
スポンサードリンク↓
スポンサードリンク↓
 カテゴリ
 タグ

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 芸能事件簿・今日は何の日!? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。